樹楽に任せれば怖くない!ノウハウをあなたに伝授

飲食店を開業するには

飲食店

事前の準備をしっかりする

飲食店を開業するには、勢いばかりではうまくいかないものです。まず、どのようなお店にしていきたいのかを考え、計画を立てていきます。例えば、お店の雰囲気を一人でもくつろげるカフェにするのか、仲間とワイワイガヤガヤ騒げる居酒屋にするのかなどです。これは、飲食店だけに限らずどの分野の店舗開業を目指す場合でも共通しています。どのようなお店にするのかを決めたら、次は開業資金の準備に取り掛かります。理想としては、自己資金のみでの店舗開業が最も望ましいのですが、それが困難な場合は金融機関からの借入を検討しましょう。また、金融機関以外にも地域の商工会議所に相談に行ったり、国の補助制度等を調べてみたりするのもおすすめです。開業資金を借り入れる場合には、事業計画書の提出を求められることが多いです。事業計画書は、どれくらいの売上を目指すのか、借り入れた開業資金の支払い計画をどう考えているのかなどのお金の動きを詳細にシミュレートした結果の書類です。この事業計画書を作成するときには、自分のお店と競合してしまう店舗はないか、もしくはどのような人たちがお客さまとして来てくれそうかなども予測し売上計算に役立てます。そして次に、店舗開業する場所を決めて、店舗を準備しターゲットとなるお客さまに来てもらえるように内装をしつらえます。最後に店舗開業するのに必要となる資格を取得しますが、飲食店は食品衛生責任者と30人以上収容する店舗を開く場合は防火管理者の資格が必須です。これらの資格は取得しやすい資格なので、飲食店舗開業を決めたらなるべく早く取得しておくようにしましょう。