樹楽に任せれば怖くない!ノウハウをあなたに伝授

自分の店を持つための流れ

お店

独立に要する開業費用

自営業を志す人にとって店舗開業に向けた流れを抑えておくことは非常に重要です。まず第一に決めるべきはいかなるビジネスで勝負するかということです。レストランにするのかカフェにするのかで狙うべき客層が異なりますし、飲食店以外のビジネスであればそれに合ったノウハウを有していることが必須となります。その上で、飲食店にしようという場合は立地をどこにするかがポイントです。なるべくターゲットの年齢層の人通りが多いエリアを選ぶことが大事ではあるものの、好立地は得てして家賃が高いことも多いことから両者のバランスをうまくとらなければなりません。ビジネス内容と店舗の場所が決まれば次に店舗開業に向けて行うべきことはしっかりとした事業計画を立てることです。初年度から黒字経営になることは必ずしも多くありませんので、たとえ当初は赤字であっても計画からどの程度かい離しているかを常に把握しながら経営に当たることが優秀な経営者には求められます。実際には、以上のポイントに加えて広告戦略を練ったり、従業員を集めたりもしなければならないため、すべての準備を自分ですべて把握して進めることはかなり困難です。そこで、そのような場合には経営コンサルタントの店舗開業支援サービスを利用するのがお勧めです。コンサルと聞くと高額報酬のイメージがあるかもしれませんが、外資の大手に依頼するケースは例外としてもそこまで高いコストがかかるという訳ではありません。一般的な飲食店の店舗開業を相談した場合の相場としては150万円から300万円程度ですので、まずは気軽に声をかけてみることをお勧めします。