樹楽に任せれば怖くない!ノウハウをあなたに伝授

売上げアップの指針に貢献

レジスター

販売した時点での情報収集

どこのお店でも取り入れられているものに、posがありこれは販売時点情報管理といい、商品の売買が完了した時点でその販売した商品の販売情報を管理できるものです。posはレジ機能と連動しているので、商品を売った時点でのさまざまな情報を集めることができるのです。例えば、晴れの日にはこの商品の売れ行きがいいとか、在庫が今どれくらいあるのかなどの確認にposシステムを使うことで、いちいち倉庫まで行かなくても在庫数などを知ることができます。また、posはネットワークにつながっているので複数の店舗を管理するのにも使いやすく、楽に管理を行なえます。そしてposの仕組みはレジと連携しているので、実際の販売状況を把握しながらの在庫調整を行え、商品の仕入れ数などの判断の手助けともなります。それができる理由は、商品についているバーコードにあり、バーコードにはその商品に関するさまざまな情報が詰め込まれています。posではそのバーコードに入っている情報を読み取り、販売に役立つさまざまなデータを集めることが可能なのです。最近では、大きなレジではなくタブレットでもposを使えるようになってきたので、小さな個人商店にも取り入れているところは多いです。タブレット1つで、そのお店の売れ筋商品が把握できたり、在庫があとどれくらいあるのかなどを正確に把握できるので、店舗運営の向上にも役立つのがposです。posで管理できるものは、売上や商品情報および在庫数や顧客情報、そして売り上げ分析や勤怠管理などです。